SOCIAL IMPACT ソーシャルインパクト

数字で見るソーシャルインパクト

KICの現地での取り組みが着実に実を結び始めています。
ただ単に社会に対してよい変化をもたらしたい、という想いだけでは生産者にも消費者の方にも説得力がありません。
客観的な数字で表すことで活動の本当の成果が見えてきます。

契約農家数

Dari K7スタンダードによる明確な買取基準を設け、品質の高い豆を作ればより高く買い取ってもらえるというスキームを作ったことで、契約したいと申し出てくれるカカオ農家さんが口コミで徐々に増えてきました。

契約農家数の推移

Dari K 7スタンダードに紐づいた成果

1. 環境面

カカオポッドに袋がけをして害虫からのアタックを防ぐことで使用する農薬を減量、結果として農薬にかけるコストも削減することができました。

使用する農薬量比較

2. 安全性

農家自身やカカオ豆を傷つける可能性のあるナタの代替品として、収穫ばさみとこん棒(カカオパルプを割る用途)の併用を推奨してきました。
※これまで使用していたナタを全く使用しなくするのは難しいため、カカオの実を開ける時にはこん棒を使うように徐々に移行中

収穫にハサミやこん棒を使う農家数比較

3. 品質面

発酵指導やKICによる農園管理指導がカカオ豆の品質向上につながっています。
結果としてより高い価格で買い取ることができるようになりました。

カカオ豆買取価格の比較